光フレッツマンション プロバイダ

フレッツ光(マンションタイプ)のプロバイダ比較

NTT西日本地域の方はこちら NTT西日本地域の方はこちら

プロバイダ料金は居住地域によって異なります。
まずは以下から居住地域を選んで下さい。

 

居住地域の選択はこちら 東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道
居住地域の選択はこちら 茨城、栃木、群馬、山梨、長野、新潟、宮城、岩手、青森、山形、秋田

 

プロバイダパック対応プロバイダの料金比較表

■東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道■ 

プロバイダ 月額基本料 キャンペーン
(WEB申込限定)
公式HP
BB.exite
(BB.exite光withフレッツ)
525円 公式サイトへ
ASAHIネット
(ASAHIネット光withフレッツ)
578円 公式サイトへ
BIGLOBE
(BIGLOBE光withフレッツ)
945円 公式サイトへ
DTI
(DTI光withフレッツ)
714円 公式サイトへ
plala
(ぷらら光メイトwithフレッツ)
840円 公式サイトへ
WAKWAK
(WAKWAK光メイトwithフレッツ)
630円 公式サイトへ
OCN
(OCN光withフレッツ)
997円 公式サイトへ
hiho
(hi-ho光withフレッツ)
935円 公式サイトへ
nifty
(@nifty光withフレッツ)
997円 公式サイトへ
sonet
(hi-ho光withフレッツ)
945円 公式サイトへ

※フレッツ光月額基本料:2,993円〜(WEB申込の場合、月額料4ヶ月無料)

 

一番オトクなプロバイダを選ぼう!

フレッツ光を利用するなら、プロバイダパック対応のプロバイダが便利でお得です。

なぜなら、WEB申込限定の新規加入後の基本料無料キャンペーンが適用されたり、
NTT東日本またはプロバイダのいずれかから、請求書が一通にまとめて請求されたりと
お得で便利だからです!

※プロバイダによってどちらから請求されるか異なります

プロバイダ毎に様々なサービスがありますが、
ホームページを作成したり、自宅で仕事をしたりといった特別なことをしない限りは
通信速度(最大200Mbps)も含めてそんなに大きな違いはありません。

 

料金重視で選ぶなら、BB.exiteASAHIネットがお勧めです。

 

基本料金だけなら、BB.exiteがオトクですが、
BB.exiteはメールサービスが有料(月額294円)なので、
プロバイダのアドレスが必要な方にはお勧め出来ません。

※フリーメールでも問題ないなら、GoogleのGメールはとても便利なのでお勧めです!

 

プロバイダのメールアドレスが必要な場合は、ASAHIネットが良いでしょう。

 

 

ただし、家族みんながそれぞれ別のメールアドレスを使いたい場合は、
無料で取得できるアドレス数は、プロバイダによって違いがありますので、
忘れずにチェックしておきましょう。

 

プロバイダサービス内容比較へ >>